メンサのIQ日記

IQ148以上の天才脳を持つと認められた人だけが加入できるMENSAの関口智弘による日記のようなもの

お笑いコンビでIQが高いのはどっち?

タイトルの件については、

以前も、このブログで触れましたが・・・。

 

ボケの人の方がIQが高いです。

 

お笑いのメカニズムは、

ボケがわけのわからないことをいって、

ツッコミがそれを通訳することで、

「わかる」ことによるアハ体験が

爽快感につながってくるわけです。

 

そして、その落差があるほどに、

アハ体験が強くなり

より一層、おもしろく感じる、と。

 

さて、その一方で、

世の中には、他人様の発言に対して

ツッコミを入れたがる人が多いですよね(笑)

最たる例は、Twitterとかのリプでしょうか。

 

ともあれ、このリプの多くは、

クソリプと呼ばれる見当違いなものが多いのも

ご存じだと思います。

 

これの発生メカニズムは、

発信者とのIQの差が大きすぎて、

行間を読めないから起りうるものなんですよね。

 

つまり、間違ったことをいっている、と

勘違いしてしまうわけです。

 

一例を示すと・・・。

発信者が

「A=Dである」

と、いった場合でしょうか。

 

こういう発言をすると、

「AはAで、DはDだろう」

といった具合に

ツッコミをしてくる人がいるわけですね。

 

ただ、発信者がそう主張する背景には

「A=B、B=C、C=D」

という裏付けがあったりするわけです。

そうなると

「A=D」

が成り立ちますよね。

 

ともあれ、ここまでの情報を読み取れずに

早合点してツッコミをする人があまりに多いのです。

 

その背景にあるのは、

140文字という限られた文字数でのコミュニケーションであるということ。

あとは、そもそもツッコミをしたがる人は

総じて自分が賢いと思い込んでいるフシがあり、

それゆえに、自分の考えと異なる発言をしている人を

短絡的に「間違っている」と判断しがちだからです。

 

ただまぁ、あなたもご存じのとおり、

この手の人は結構な数存在する上に、非常によくしゃべる(苦笑)

 

ゆえに、あなたが高IQの自覚があるとするならば、

この手の行間を読めない人からのツッコミ、

いわゆるクソリプがかなりの数飛んでくることを

ある程度想定しておく必要があるでしょう。

 

そうならないように、自分らしくない

回りくどい表現をしてミスリードを最小限にとどめようとするのか。

はたまた、IQの差が大きい相手のツッコミは

完全にスルーをすることにするのか。

あなたのビジネスによって判断が分かれるところでしょうが

いずれにせよ、ケースバイケースではなく

明確なガイドラインを設定しておくべきでしょう。